星守り天使

子供の頃を思い出すことの一つに

「たこ焼きと星のスバル」がある。

昔は、たこ焼きの屋台が家の近くに夜遅くまで出ていて

冬になると弟と2人で時々買いに行った。

夜道に屋台の灯りが温かく、美味しそうな香りが近づいてくる。

木製?の皿に15個くらいだったかな、かつお節と青のり、マヨネーズも

たっぷりかけてもらって家に帰る。

以前にも書いたが、私はスバルの星が好きで(この頃は星の名前も知らなかった)

こんな日も夜空を見上げて帰った。

温かい気持ちになる思い出だ。

・絵は「星守り天使」油彩F0号


小空 website

心の中の空想の世界を油彩画、アクリル画で描いています。

0コメント

  • 1000 / 1000